• 上原千明

釣り合わぬは不縁の基(もと)

皆さん女性なら誰でも一度は 「夢のような玉の輿に乗りたい!」 って思ったことありますよね。 お城に住んでいる白馬の王子がお迎えに来てくれたら・・・ な~んて。

でも、実際はどうでしょう。

代々続く超が付くお家柄のお家の大豪邸に住む

お金持ちだったらどうでしょう

その家のしきたりやら、作法があったりで大変

またその子供に受け継がせるために

やはり会社を潰してはならぬと

子供に経営の帝王学を学ばせるべく

それ相当の学問を身につけさせよと

お相手のご両親からの無言のプレッシャーは大変なものです。

大病院の息子や弁護士と結婚したらどうでしょう

親を飛び越えて祖父母からは

生まれた孫の息子や娘を医者に弁護士にとレールが敷かれ

無言のプレッシャーがかかります。

逆にベンチャー起業で大金持ちなった

成金っぽい人と結婚したらどうでしょう?

持ったことのないお金におぼれて

車、家を買うだけにとどまらず、

華やかで楽しい生活の裏には

女性問題で苦労しそうです・・

つまりですね、

釣り合わぬは不縁の基(もと)

(※家柄や財産、境遇が違う者同士の結婚は、いかに互いが愛し合っていても、結局はうまくいかないということ)

なのですよ。

昔は仲人がここをポイントに

家と家に釣り書きとお写真の交換をしたものです。

あまりに不釣り合いなお相手は

結局はダメになってしまうことが多いということ

同じくらいの生活感や金銭感覚でないと

合わなくなった来るんですよ

家族構成を見るのも大切

最新記事

すべて表示

マーキュリー結婚相談室

東京都港区浜松町2丁目2番15号 

浜松町ダイヤビル2F

070-1477-7785

(面談中にお電話が取れませんので着信のみとなっております。伝言を残すかメールにしてください)

e-mail: kekkon.mercury@gmail.com

© 2016 マーキュリー結婚相談室