• 上原千明

婚活偏差値

すっかり秋らしくなりましたね。いい季節、食欲の秋。

ということで、先日娘と飲茶を食べに銀座へ行った時のこと。

目立つ 通り道にあるけど入ったことなくてやっと来られたパラダイス・ダイナスティ~♪

カラフルな飲茶はお味がそれぞれ違って、見た目もかわいい。

と、隣で同じく飲茶を食べていた女子2人。

ひとりは普通、もう一人はかなりの美人さん。

『もう、来年30歳だね~私達…、でもまあ、〇〇さんも(上司の女性らしい)38で結婚したし、まだまだ婚活モードに入らなくても大丈夫よね~~~~』

私は商業柄、瞬間、聞いた瞬間その二人をがん見てしまった。

私の中で

『いやいやいや、、、大丈夫じゃないですよ~、、、婚活偏差値は年齢が同じなだけじゃないんですからっ!!!』(心の声)

娘が、

『お母さん・・・はずかしい・・・そんなに人様を見るのやめて・・・悪い癖・・・』

だって、、、婚活って聞いては黙ってられませんわよ。

ここでこの2人は、婚活を年齢というだけで括ってしまっている。

では、就活を思い出してみてください。

学力があって高校出てれば合格できる大学受験とちがう理不尽を社会という壁を初めて味わうのが就活。

同じ年齢、同じ大学でも、すいすい内定取れる人もいれば、容赦なく切り捨てられる人もいる。

何故か?

そこで感じるのは年齢・学力以外で違いの出るのは、悲しいかな圧倒的に「外見」と「コミュニケーション能力」の差。

これはすぐにどうにかなるものではない。

これに恵まれてるかそうでないかで偏差値の優劣がつくのは当たり前。

女性は特に自分の「若さ」というカードが切れないと次の「妊活」に行けないのですよ。。。

よっぽど素敵な「外見」か「コミュ力」がないと異性に振り向いてもらえない。

女性は特に婚活において、男性から見て「学歴」なんてそう高いものを要求されていないのがデータ上出ている。

男性は逆に「学歴」はキーポイントでそれに「経済力」があるかどうかのカードが切れないと厳しくなってくる。

コミュ力が高くて外見もなかなか素敵な人はともかく

同じ年齢でも、コミュ力がなく外見に自信がないとしたらどうするか?

誰もが持つ自分の「資産価値」(若さ)が高いうちに他より早く圧倒的な数の中で動くのが正解!

人より一歩さきゆく就活のインターンのように早くから動くのがいいのでは?

だから、IBJの58,000人所属の連盟の結婚相談所で始めるのが賢い選択!

最新記事

すべて表示

マーキュリー結婚相談室

東京都港区浜松町2丁目2番15号 

浜松町ダイヤビル2F

070-1477-7785

(面談中にお電話が取れませんので着信のみとなっております。伝言を残すかメールにしてください)

e-mail: kekkon.mercury@gmail.com

© 2016 マーキュリー結婚相談室